平成29年7月1日 全日本囲碁協会のHP、リニューアル&移転いたしました。
新しい全日本囲碁協会HPはこちらです。
https://zengokyo.jp





陳情余話(その2)

2016年12月30日 19:47

「大臣の前では大変申し上げにくのですが」と前置きし署名運動を通じて感じた教育界の現状を率直に。教育現場にある誤解の払拭が大事。、民活という発想が必要だと(詳細の議論はもっと別の場所でゆっくりと)。
実はこのことを和楽の普及活動をしている友人のO君に話し意見を乞うてみた。氏いわく。
邦楽界では1998年既に、中学校で「和楽器教育の義務化」が行われた。それでは今大いに普及効果が上がっているかというとそれがなかなか難しいのだと。その主因は邦楽界では、流派、家元が分立していてなかなか統一歩調が取れない。ここ10年で大きな変化が出たとは残念ながら言えないと。
それに比すと「囲碁界はいいよなー」。まあ隣の家の芝生は的なところもあるが、示唆に富んでいる。
「署名しました」「陳情しました」「義務化しました」これは全く序の口。そのあとが大事だと。氏は団体的共同歩調を強調する。その点はどうか。囲碁界といえども「一致団結箱弁当」というわけにはいかない。問題点は?。それへの対応策は.?. 。 (内久根)

新入会員紹介

2016年12月24日 18:04

賛助会員  荻野正次様(東京)
賛同会員  ミナミ ヨシキ様(東京) 

陳情余話

2016年12月24日 10:23

12月22日は私にとって生涯忘れられない日になるだろう。
なにしろ署名目標10万を漸く達成、さて文科省へ陳情となってからなかなか大臣の予定が取れないと言う。イライラが沸点に到達する直前19日に面会日の連絡があった。今までの不満は一変緊張にかわった。元来粗野な人間。ああいう場所は苦手だ。
4時と言うのに3時半にはついてしまった。同行の皆さんは未だだ。先に入って待合の応接セットで待とう。「ちょっと待ってください」第一関門だ。面会時間、人数、目的。人名等は先に連絡してある。「大臣に」これなら問題なかろう。即通過。只、なかなか全員が揃はない。先に行こうか。第2関門を通過。廊下の壁を背にして多くの人が並んでいる。「俺を出迎えてくれるのか?」当然ながらそんなはずはないですよね。なかの年配の方に声をかける。「あなた菅さんに似ておられますね」。黙って通ればよいのに全く失礼な男だ。所が氏はにっこり「菅直人本人です」と。大失態だ。私は慌てた。通常こんな時は言葉が出てこない。特に個有名詞(正直このころは普通名詞もだ)が出てこない〉。所がこの時は神の助けか突然個有名詞が。「先生長谷川徳之輔をご存じですか」.「勿論。彼には大変お世話になったんですよ」過去形だ。実は少し前に亡くなったのだがよく知っている。それはそうだろう。市民運動時代から一緒にやってきて、彼は選挙事務長もやっていた。瞬時にこれだけの会話で一気に親近感が。実はそのあと大臣室に入って来られた。氏は「囲碁文化振興議員連盟の会長だったのだ。主義主張は違っても「碁を愛する人はみな良い人なのだ」少し暴論かな。    内久根。

広報より NO29 「10万人署名」文部科学大臣に陳情のご報告

2016年12月23日 09:57

広報より NO29 「10万人署名」文部科学大臣に陳情のご報告 川村麻紗子

IMG_4559_1.jpg

昨日12月22日、全碁協の悲願「囲碁を小中学校の正課に」の10万人署名を
松野博一文科大臣に陳情しました。

大臣からは、「総合学習の伝統文化として、取り入れて行く事を検討したい」
と心強いコメントを頂きました。
詳細は1月11日発行の「日本の碁」新春号に掲載します。

当日の出席者は、
松野博一文科大臣
菅直人元首相(囲碁文化振興議員連盟代表)
柳本卓治議員(囲碁文化振興議員連盟代表)
松下新平議員
後藤田正純議員
根岸千種氏(尾身幸次元財務大臣秘書)
梶原博之氏(小川勝也議員秘書)

菊池康郎 全碁協理事長
内久根孝一 全碁協専務理事
桑原青人 全碁協専務理事
藤井陽光 全碁協特任顧問
團 宏明日本棋院理事長
他に(週刊碁・小高栄治記者、読売新聞・岡崎裕哉記者、全碁協広報委員長・川村)

この陳情の後、いずみ囲碁ジャパンにおいて報道関係者に記者発表を行った。
出席は、読売、毎日、朝日、日経、共同通信、囲碁将棋チャンネル、の各社の記者でした。

新入会員紹介

2016年12月21日 22:56

賛同会員
 ①ボナヴィタ・エマニュエル様  日本で囲碁がもう一度「生活文化」になるよう祈念します。とのひとこと。
 ②小泉賢司様  横浜はくすい交流の会代表者の由。小学生には認知能力育成に、高齢者には地域でのふれあい、 見守り、ケ  アシステム等々に囲碁を採用願いたい。と囲碁への熱い思いが伝わってきました。

陳情当日の詳細

2016年12月21日 08:41

大臣室での陳情は4時から。我々はそこから取って返し即、「いずみ」で5時15分から、マスコミの記
者説明会。
論点は教育界の若干の誤解と民活への理解を深めるということですかね。(内久根)

「全碁協」 ランキング大会 〈 神奈川県大会 〉 の結果

2016年12月20日 14:05

2016年12月18日(日)、全日本囲碁協会の『ランキング大会・ 〈 神奈川県大会 〉 』 が神奈川県川崎駅の「京浜川崎クラブ」にて開催された。
参加者は総勢68名、A~Cの3クラスに分かれ、それぞれのクラスすべてオール互先の手合い、全4局で行われた。

最上位のAクラスでは、決勝戦で福岡航太朗くんが平岡聡さんを破り、見事に優勝を果たした。決勝戦は黒(福岡くん)の半目勝ちだった!!

 ○ ランキング大会〈神奈川県大会〉(全体の様子) ○
2016年12月18日ランキング川崎1

 ○ ランキング大会〈神奈川県大会〉(Aクラスの様子) ○
2016年12月18日ランキング川崎2


それぞれのクラスの入賞者は以下のとおり
◎各クラスの優勝、準優勝、3位

Aクラス
 優 勝  福岡航太朗 4-0(五席「秀策」)
 準優勝  平岡  聡 3-1(全日本囲碁協会)
 3 位  山根 紹平 3-1(京浜川崎クラブ)

 ☆ ランキング大会〈神奈川県大会〉(Aクラスの入賞者) ☆
左から、2位の平岡聡さん、優勝の福岡航太朗くん、3位の山根紹平くん
2016年12月18日ランキング川崎3

Bクラス
 優 勝  千葉 雄太 4-0 (京浜川崎クラブ)
 準優勝  中村  徹 3-1 (横浜「宇宙棋院」)
 3 位  石井 真治 3-1 (いずみジャパン)

Cクラス
 優 勝  大川 忠司 4-0 (京浜川崎クラブ)
 準優勝  小岩 裕嗣 4-0 (京浜川崎クラブ)
 3 位  藤本 彩羽 3-1 (京浜川崎クラブ)

以上

☆ なお、全碁協のランク、および、ランキングは後日発表致します。

   大会実行委員会

陳情日決まる

2016年12月19日 22:17

大変お待たせしました。漸く陳情日が決まりました。国会事情があったとはいえ時間がかかりすぎましたね。申し訳ありません。
12月22日(木)午後。文科大臣への陳情が終りましたら、いずみに戻り、新聞記者への説明会をいたします。
時刻が決まりましたら、そく本欄でご通知します。取りあえず。(内久根)

連名追加。立命館。東北

2016年12月18日 21:31

①立命館大学囲碁部OB代表。清水光男。
②東北大学囲碁OB,OG会代表。古西仁志。

連盟。同好会関係

2016年12月13日 08:49

東京大学銀杏会囲碁の会。岡崎一雄。
明治大学囲碁部OB会。坂本」光敏。
早稲田大学囲碁OB,OG会。吉崎久博
中央大学棋道会囲碁部.。星野智。
京都大学囲碁部OB会。由良勝。
東京女子大学囲碁部OG会(石麗会)児島総枝。
慶応義塾大学囲碁部OB,OG会。沢口剛一
住友信託銀行OB囲碁同好会。上田時雄。





最新記事