平成29年7月1日 全日本囲碁協会のHP、リニューアル&移転いたしました。
新しい全日本囲碁協会HPはこちらです。
https://zengokyo.jp





9月30日到着分(署名)

2015年09月30日 23:36

9月30日到着分(主なもの)
①岩木節子様(京都府)122名。封筒から判断すると経路複雑.中野公認会計士事務所内日本棋院京都本部藤山和登様から岩木様に送られ、それを岡本武夫様(東京)が持参されました。京都本部からは初めてでしたので特記しました。岡本様の人脈深堀り成果ですかね。
❷長谷川加奈美様。第4報90名。Σ1005名。ついに大台を超えました。大阪の方ですが、青森の大会に参加そこで皆さんに署名をお願いしたら皆さん喜んでしてくれた結果ですと。帰りに東京に寄り即大阪に帰られました。何と活動的。
③三浦宏朗様(東京)62名。住友生命OB会の役員さん。皆さまに進めてくださっているがご自分でも。

病院に入ろう

2015年09月28日 22:07

こんなタイトルだと、「入院しようなんてふざけるな」と誤解を招くかもしれない。当然ながらそういう意味ではない。
私は署名活動をしていて、もっと効率的な方法はないかと悩んでいた。そこで考えたのが、病院なのだ。
これは一般論であるが、病院の待合室と言うのは時間が長い。イライラしながら待ってる人も多いだろう。その時間を退屈せずに有効に活用できないか。患者の多くは高齢者だろう。少しは社会貢献、世の中の役にたちたいと思っている人も多いはずだ。。更にその時間が又、自分の治療に何らかのプラスになるような、簡単なちょっとした枝折りでもあったら。
「大脳の仕組み立ち読み秋深む」これ今朝の讀賣俳壇の一席(矢島渚男選)。病人でなくたって、誰でも自分の脳はどうかなんて重大関心事だ。只問題は待合室にそれ用の机、職員さんの多少の手間。理解の得られるところではないと。
そこで私は思い切って、大病院へ飛び込んでみた。勿論紙上でだが。
それはどこか。福島県の温知会、会津中央病院(南嘉輝理事長)だ。(続) (内久根)

広報よりNo20  新会員の活動報告ほか  川村 麻紗子

2015年09月28日 09:13

 最近正会員になられた、IGOホールディングス(株)代表・若柳 諒さんの活動報告です。
25日朝日新聞夕刊の一面トップに写真入りで大きく紹介されました。
囲碁がこのように扱われるのは嬉しい!!ですね。
若柳さんは25才、元院生、囲碁七段。立ち上げた仲間は4人で全員が20代の若さ。
朝、通勤前のサラリーマンの為の囲碁教室や「三か月で初段にする」プロジェクトを実施。
そのユニークなプロジェクト(指導料10万円前後)に10人前後の応募があったという事だ。
そして現在第二期を募集中とのこと。
是非ホームページ http://igoholdings.jp を開いて見てください。

asahi_standup_igo.jpg

 署名運動の締め切りが、12月までになりました。
当初9月締切だったので、このところヨーロッパGOコングレスの仲間から着々と到着する。
一枚・三枚・五枚・十枚と碁友の協力は嬉しいかぎりだ。
その一人、水戸の伊藤貞雄さんは、偕楽園で囲碁教室を開いて18年になる。
大病をされたが、教室が生甲斐になっているようだ。
氏のモットーは「囲碁はボケ防止に一番」である。
ヨーロッパには、いつも夫人同伴、その夫人は囲碁はやらないが高名な茶道師範。
署名運動には、その夫人も協力してくださっているとか。期待したい!!

9月27日(日)の署名

2015年09月27日 21:13

①日本棋院長岡支部(小方隆様210名。)封筒は長岡囲碁連盟と言う印刷。組織上、県連との関係は分かりませんが新潟県の数字として加算。もし単独支部とすれば、県内支部中最多数字です。
❷佐藤勝江様(神奈川県)。135名。第1報で本格活動はこれからと言うことでした。

9月26日の署名

2015年09月26日 20:57

①以前名古屋のU(女性)さんから50枚の署名簿が送られて来たと紹介したことがありましたよね。コピーだけでも大変でしょうに、そのうえと思ったのですが。その方から今日は20枚分が送られてきました。しめて1050名。丁寧な方で、速達、書留だ。もっと簡易な方法でやってくださいとお礼状で。中を見る。馬場滋プロ、他何名かのプロ棋士のお名前も。世評では普及に情熱的に取り組んでおられるという方々だ。自然こういう行動になるのでしょうね。
②岡本武夫様(東京)第3報45名Σ454名。この方(私も同じだが)、住友生命OB会の一つ「東泉会」のメンバー。私の呼び掛けにいち早く応えてくれた方。妹さんの協力が大きかったとのこと。有難う。やはり持つべきは妹ということですね。(内久根)

日本棋院北海道本部始動か

2015年09月25日 22:00

北海道本部(理事長安孫子健一様。担当岡内省三様)51名。同時刻に
日本棋院札幌南支部石山囲碁道場、岩本欣也様16名。
率直のところ本運動はなぜか南高北低であった。南は長崎、大分、沖縄等、北は北海道、岩手、秋田等。ところが今回北海道本部からの送付があった。数字はともかくこれは大変なことなのだ。何故かと言えば
本部理事長は第35回普及功労賞を受けた我孫子健一氏。その時の新聞評は囲碁。指導、.普及に非常に熱心。傘下に50有余の支部を擁す‥‥と。なぜそんなことを覚えているかというと、県連合会といっても、傘下支部がゼロというのが沢山あるのでびっくりしたことがあったからだ。だから50有余というのはそれだけで大変な票田というべきなのだ。
その本部が始動を始めた。これは非常に大きなインパクトを全国に与えるのではないか。今後の推移に重大関心を。

北九州の森永囲碁道場

2015年09月24日 19:18

 昨日、北九州の森永囲碁道場から837名分の署名をいただきました。「待てました!」って感じでした。森永囲碁道場は小倉駅から2駅の旦過駅近くにあります。子供から大人までアットホームな雰囲気で碁会所&囲碁教室を運営しております。道場主宰の森永義宣(よしのり)先生は、高校選手権の全国大会で会った時からの友人で、とにかく楽しい男です。
 最近は、自己啓発で囲碁を取り入れている企業に囲碁指導を行っており、囲碁人口を着実に増やしているようです。そして、今回の署名ではその会社の専務が積極的に社員に呼びかけて下さいました。署名活動が12月まで延長することを聞き、今後も引き続き署名を集めるという嬉しい言葉をいただきました。ありがとうございます。(こども分科会代表 新城衛)

群馬県。大ホームラン

2015年09月22日 20:36

日本棋院群馬県連合支部会長の柴山雄二郎氏が竹内俊雄氏とともに、分厚い紙袋を抱えて約束の1時ぴったりに来訪。
封筒の中身は、署名簿実に2310名分であった。今まで一度に持ち込まれたものとしては最大。結果として、基準値達成率143%。長崎県につぎ。全国2位に大躍進。これをホームランとと言わずしてなんというか。
実は巷間群馬県連は組織の結束が‥‥という評がないではなかったが、、今回の素晴らしい結束は。変わったのか、世評が間違っていたか。いずれにしても我々にとっても、日本棋院に
とっても大変喜ぶべきことであったと思う。
竹内氏は私を下村文科大臣のところに連れて行ってくれた方だが、上記に大きな貢献をされたということで来られたか。著名な画家が何故署名か。まあ、理屈で説明できないことがあるのが人生の面白さであろう。

徳島県の署名

2015年09月22日 07:34

高木純一郎様(。ここの日本棋院県連合会の会長さん。連合と言っても一支部だけだと。以前は連合だったのだろう。従って将に孤軍奮闘なのだ)
第5報179名。Σ655名。他に宋毅さん、大正谷さんからの送付分もある〈どういう方か聞いたら氏の前任者とか友人。皆氏の声掛けに協力してくれたのだろう。第5報までいただき郵送料だけでも馬鹿にならない。もうしわけない気持ちでいっぱいだが、あと一頑張りで770名の基準値は突破できそうだ。こちらは何のお答えも出来ないがその暁には祝電くらいは打ちたい気持ちだ。(内久根)

メール碁会につき一部訂正

2015年09月20日 10:07

前報ニュースに一部誤りがありましたので訂正させていただきます。
吉田道人様154名→」156名。うち約40名は山田勝巳様のご協力。4名→5名。
他に現場で個々にやっているものがあるはずだという指摘がありました。たぶんそういうのがあるとは思いますが、個々的なものは把握できませんので、申し訳ありませんが省略させていただきます。(内久根)




最新記事