平成29年7月1日 全日本囲碁協会のHP、リニューアル&移転いたしました。
新しい全日本囲碁協会HPはこちらです。
https://zengokyo.jp





スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広報よりNO18  最善の一手  川村 麻紗子

2015年06月29日 08:43

 半導体商社(株)ジェピコは、6月と11月の年二回、
全社員参加の囲碁合宿があります。
NHKでも報道されたので、ご存じの方も多いと思いますが、
社長の大野欽一氏が大の愛棋家です。
社員とその家族、40名近くのゲストを伴いロマンスカーを一車両貸切りで行くのです。
行先は、箱根・富士屋ホテル。今回はその27回目。
 
 総指揮は我が全碁協理事長の菊池康郎氏です。
大野社長には、「勝負美人杯」にご協賛頂いている関係で私も招いて頂いております。
 宴席で菊池氏から署名運動への協力を呼びかけられたのは勿論です。
翌朝の大ホールでの対戦席には一人々々に一枚の署名用紙が置かれました。
何枚集まるかとても楽しみです。
 
 ジェピコの社員にアマ強豪の寺田 浩さんがいます。
彼の言葉に感動したのでご紹介します。
「僕らは常に最善の一手を考える習慣を身に着けて来た。」
「それが仕事に活かせない訳がない。常に何が最善かを考えている。」と・・・
素晴らしい言葉と思いませんか。
 全碁協の「囲碁を小・中学校の正課に」の署名運動は、
正に今の囲碁界の最善の一手です!


DSC01569_1_1_2015062921125139c.jpg

宴席で、前左・菊池康郎氏 前右・大野欽一社長
後左・門奈玲子勝負美人杯会長 後右・私
 

 今週末7月4日に、日本棋院で「アトムネット囲碁大会」があります。
250名の前で、全碁協のPRを一言話すことを許されました。
広報委員長として、署名運動を頑張ってまいります。
スポンサーサイト

署名運動

2015年06月26日 14:21

内久根さんからお話が来た時
「待ってました!」の感あり!!

江東区のE小学校に通う孫は、囲碁が好きだけど
普段はサッカーや塾で自由な時間があまりありません。
「学校で囲碁したいんだけど、誰も相手がいない」
の悩みを聞いて、「では、囲碁友達を作ってあげよう^^」
と、学校長・副校長に 「総合教育かクラブ活動で囲碁を」と
お話に行ったけど、全く関心を持ってもらえず

で、放課後のキッズクラブへ、お話を持って行きました。
そこでは好意的に話を聞いて下さり、即受け入れて頂けて
月に一度囲碁の日を設けて下さいました。
キッズクラブとは、学校の場ではあるけれど、放課後のことゆえ
学校はタッチせず、江東区がお世話下さいます。
放課後となると、時間が取れるのは授業の早く終わる水曜日のみ
しかも、既に他の科目で使われているので、月に一度だけと言うことになります。

ともあれ、初日には同地区にお住まいの青葉かおり四段に来ていただき、
囲碁友達5名に応援してもらって、休まず続けて 現在1年9カ月になります。
全員ゼロからのスタートでしたが、だんだん九路盤では物足りない子も増えて、
十三路、十九路盤も増やしました。
実績を認めてもらってもう一度総合教育への希望を持って行きましたが、
相変わらず無関心で、話になりませんでした。

そこへこの署名運動のお話ですから、是非是非・・・といったところです。
かねがね、学校で囲碁を・・・と言う声がけは、その地域の教育委員など
へしなければ拉致のあかない事・・・
千代田区等をうらやましく思いながら、なんとか江東区でも理解を得たいと
切に願っているのです。

署名用紙を取り敢えず50枚コピーして、どこへ出かけるにもいつも
ハンドバックに数枚忍ばせて、出会った人には忘れずに直接趣旨をお話して
目の前で署名していただき、この度取り敢えず手元の36枚(540名分)を
内久根さんにお渡ししました。

でも、これでは効率が悪いので、今後は遠方のなかなか会えない囲碁友達には
署名用紙を郵送して、その地域の署名を集めてもらおうと思っています。
そして「小・中学校で囲碁を授業に・・」の一日も早い実現を願っています!!

新正会員紹介

2015年06月25日 21:32

大森広文様。所属 京浜川崎クラブ。6月25日付

第2回統一ランキング大会(7/12日曜)参加者募集中!!!

2015年06月24日 21:12

既に第2回統一ランキング大会参加申込書をご提出されている正会員、また大会参加案内を継続されている正会員の皆様。
全碁協の各種囲碁大会は正会員共同の開催です。
ここにあらためてご協力の程、お願いいたします。
大会実行委員会

署名。友達の友達

2015年06月24日 10:14

この活動の第一歩はまず友人だろう。私も、メールアドレス、住所録、各種会員名簿等、すべて点検、可能性のあるところへは全部お願いをすることにした。
ところが、友人とは何か。こちらが友人と思っていても、先方は必ずしもそうは思っていない場合も多い。まさか仇とまではいかないだろうが。でも無視されるというのはそういうことではないのか。人生いろいろ、友達もいろいろ。
仙台在住の武田康治君という友人がいる.。氏はどうしたか。地元のやりやすいところは別の責任者をたて、自分は遠隔地専門に手紙、電話等。基本的には郵便で氏のところへ送られたろうが、そのなかで千葉の村上功さん。東京の豊田奎介さん等近くの方は直接わたしのところへ「武田さんから頼まれたら断れない」と言いながら届けてくれた。各129名、116名。そこへ武田ご本人から大型封筒が「第一報だ」と注付きで。数えてみると、478名。合わせると723名。現時点個人回収者としては最多数字であった。
さらに、仙台市内担当責任者からのもの(まだ郵送されてこないが)を加えたら。鳥取、高知等人口の少ない所の2県分くらいになるのでは。私も「○○○に頼まれたら・・・」なんて言われてみたいが、氏の人望には遠く及ばない。80歳を超えてはもう間に合わないが。(内久根)

小・中学校囲碁団体戦

2015年06月22日 07:43

 昨日、小・中学校囲碁団体戦小学生の部東京大会が行われました。囲碁を打つ生徒が同じ学校で3人揃えば出場できるこの大会。選抜クラス20チーム、A~Dの次世代クラス50チーム以上が集まり、会場は生徒と応援の方々で溢れんばかりの活気がありました。と、ここまでは新聞記事の延長みたいなものですが、私自身の感じ方は全く違います。東京には1,300校以上の小学校があり、わずか3人の団体戦、しかも同じ学校から複数の参加ができるこの大会でこの数は少な過ぎないかと。
 地方はもっと深刻。
「私の県では、学校単位で3人揃えるのは大変なんだよね。県単位で3人ならいいんだけど。」
友人からそういう話を聞くと、小学校の1クラスに囲碁を知っている生徒が何人いるのだろうと考えざるを得ません。囲碁好きの私としては、現状に危機感を覚えるのと同時に、ゲームとか競うことが大好きな小学生が囲碁を知らないのはもったいないことだと常日頃から思っています。

 署名活動の報告。先日広島の「囲碁サロン手談」の向山さんから333名の署名を送っていただきました。こんなにたくさん、どうもありがとうございました。1名1名の思いが文字の1字1字にこめられており、ひとこと欄には「賛同します」「がんばれ」「よろしくネ」「良いことです」「早期の実現を」「応援しています」など熱いメッセージがありました。みなさんもこの署名活動にご協力お願いいたします。 (こども分科会代表 新城衛)

7月12日。全碁協統一ランキング大会正式受付開始。

2015年06月20日 04:59

参加者受付を開始しました。第1号は菊池康郎さん。第2号は平岡聡さん。それ以前に本欄に参加必勝宣言をされた井場悠史さん。これから、強者、腕自慢の皆さんの参加が続々とあらわれるでしょう。
何か面白い、、わくわくするような激戦が期待できそうですね。
一方、大会の趣旨の一つは「普及」です。当然、それぞれのランク内で戦うわけですから、あらゆる層からの参加が可能ですし望まれます。
ご希望の方。連絡先はT,03-5938-1511.(絆)又は、T03-5202-6006.おまちしております。

署名。都道府県別票数

2015年06月19日 21:37

前稿で、和歌山の1名について書き「人脈がないので、情報をを提供願いたい」と付け加えた。翌日電話で人脈情報をわざわざ伝えて来てくれた方がいた。名前も名乗らず、用件を伝えたら即風のごとく(神のごとくと言うべきか)消えた。奇特なかたがいるものだ。これで、和歌山県は何とかなるのでは。
同じく1票が佐賀県であった。実はこの時連合会会長の久保恒氏から「集まった分送るから」と連絡を頂いていたが、この統計は現物がこないと、統計が取れない。やむを得ず1名ということで作表せざるを得なかったのです。久保様の名誉のために一筆付け加えました。

人事、6月17日付

2015年06月17日 20:22

組織委員(東京都担当)に大沢完治氏.(兼務)、同拠点長に片寄一氏(兼務)が就任されました。常任理事会。

署名。ああ涙無くして

2015年06月17日 05:10

6月12日、正会員総会。メインテーマは当然「署名活動の促進について」であった。
資料として出された、一つに署名数の11日現在の「都道府県別一覧表」と言うのがあった。
私の目が釘づけになったのは「和歌山県1名」という行であった。参考までに、ここは人口約100万である。
この一名が誰であるか私にはすぐわかった。
ここは何の人脈もないので、囲碁ナビ(これがまた古くてあてにならないのだが)で、県連会長と思しき方(Sさん)にダイレクトに資料を送ってみたのだ。4月24日。5月に入って「返信があった」.。めくら滅法に出してみたのが当たったと思った。
急ぎ開封。送付資料にSさん一名だけの署名が。1名は貴重だ。有難いが一寸趣旨が違う。
「県の会員の皆さんに話を広げていただきたいのです」
氏から又返信。「連合と言っても私だけが残ってる。その私も今は病臥。動き回ることができない」
多分ベットの上、不自由な姿勢で、書いてくれたのだろう。その責任感には打たれたが。
でもこれが日本碁界の一断面としたら、こころは暗然とならざるをえない。
「お体には十分お気を付けてください」
でも署名は進めたい。どなたか、人脈的情報を頂けませんか。
次回はもう少し明るい話題を。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。