平成29年7月1日 全日本囲碁協会のHP、リニューアル&移転いたしました。
新しい全日本囲碁協会HPはこちらです。
https://zengokyo.jp





スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名。感動2件

2015年04月30日 05:56

①人脈の無いところがある。そういうところは仕方ない。飛び込みだ。(FAX,電話等で)。当然警戒されて無視。或は「私はその立場ではない」とか断られて、挫折感に襲われる。
今日〈28日)も駄目かと福井県の「福井支部」へFAX.名前からして福井県の中枢的碁会所と思うではないか。即FAXで返事が。
「これは大変良いことだ。福井全域で取り組むべきだ。私は単に一碁会所。一人ではできない。酒井哲夫、宇野幸己のお二人にもFAXいただけないか。我々の会の会長、幹事長。5月1日には総会がある。でも間に合うかな」というものであった。
願ってもない感動的なアドバイスではないか。
大急ぎで手元の趣意書、署名用紙を大封筒に詰め込み「速達便」で。間に合ってくれ!。祈るような気持ちだ。
❷こちらは「書留便」だ。山形県天童にいる友人から。署名簿の郵送。即お礼の電話「有難う。でも書留の必要はないよ」とかるく
「馬鹿を言うな。無くなったらどうするのか」と。
天童は過疎地(失礼!)しかも将棋ではない。彼は一軒一軒舐めるように訪問活動をしてくれたのだろう。
その一人一人に氏の想いが込められているのだ。

粛然たる気持ち。10万を数でとらえるな。人間一人一人に思いをいたせ。
スポンサーサイト

全碁協 〈大会スケジュール〉 日程決定!

2015年04月29日 07:12

先にお知らせいたしました大会スケジュールが、次のように変更になりました。

7月12日(日)
第2回統一ランキング大会(於・いずみ囲碁ジャパン)
8月2日(日)
第1回トリプル囲碁大会(於・いずみ囲碁ジャパン)
10月11日(日)
第3回統一ランキング大会(於・いずみ囲碁ジャパン)
12月23日(水)
第2回トリプル囲碁大会(於・いずみ囲碁ジャパン)

大会関係の開催案内等は、今後会報でもお知らせいたします。

また、5月17日(日)に開催するこども大会への参加、会員各位のご協力をお願いいたします。

全碁協のあらゆる囲碁大会は正会員はもとより、会員皆様の全面的なご協力をいただきながら盛会にしていきたいと思っています。

大会実行委員会

広報よりNO13 署名運動ニコン万歳!!川村 麻紗子

2015年04月27日 09:37

 東京西大井の光学通りにニコンの工場群がある。
このニコンには、現役とOBによるしっかりとした囲碁部がある。
毎年春三月と六月に、東京の女性有段者の会・紅友会との交流戦が20年以上続いている。
三月は40~50名、六月の山中湖ニコンロッジでの二泊三日の囲碁合宿には70~80名が集う。
 ニコン囲碁部の隆盛には、副社長の山口正直氏(93才)の力が大きい。
山口氏は、声楽・テニス・社交ダンスなど幅広い趣味の持ち主だが、囲碁への情熱は人一倍だ。
山中湖の合宿でも午前1時2時まで集中力が切れないのには驚くばかり。
今年三月、公式戦引退の発言があり、ご高齢と体調を考えると仕方のない事だがなんとも淋しい。
 毎年懇親会の席では、朗々とした正統派の歌唱力で、内外の名歌を披露してくださっていた。
今年は「埴生の宿」を聞かせてくださったが、その前に「署名をしましょう。」と・・・
全碁協「小中学校正課に囲碁を」へ署名をしてくださいました。
 この日、数十名の方に署名して頂きましたが、何と後日、拙宅に署名用紙がドッと届いたのだ。
現役の安部修部長と松下宏一部長が頑張って集めてくださったのです。
大きな重い封筒を手に、嬉しくて飛び上がってしまいました。
 ニコンさんに感謝です。そして素晴らしい出逢いを与えてくれた囲碁に感謝です。

趣味じゃない囲碁の様子

2015年04月24日 22:13

4/17(金)、朝7時すぎの渋谷ビジネス教室(全碁協賛助会員)である。
陽光差し込む教室で、出勤前の男女8名が13路で”ラジオ体操”している。
ここで頭を試運転してから、会社に向かうのだ。

20150417080127 - SSー

「囲碁」という言葉を知らないビジネスマンは、ほとんどいない。
しかし、
「囲碁」を知っているビジネスマンも、ほとんどいない。

そんな彼ら彼女らを、平日早朝、碁盤に向かわせるものは2つしかない。
「今までと違う目的の囲碁」
「今までと違うアプローチの教える人」

次回は5月1日(金) 朝7時ー9時 GW中だが、たぶん満席(12)となるだろう。
ここ渋谷ビジネス教室には、ビジネス本が1200冊ならんでいる。
その一角に囲碁の本も、経営を学べる本として、しっかりならんでいる。

企画委員  根本 明

署名日誌4月23日。ヨシの髄から

2015年04月23日 22:43

まだ地方からの送付は少ない。絶対水準が低いので、天井の一部さえ見えない。だが、少しの成果からでももろもろの教訓がえられるのでは。取り敢えず、都道府県上位10傑を見てみよう。
①東京306名。(大票田にしては、伸びがよくない)。②千葉232名(全域から少しずつ。前報の神奈川を抜いて2位に躍進)
③大分163名。(送り主日野洋さんおひとり。病院の院長さん。診療でお忙しいでしょうに。この一石の波紋がどう広がるか)
④岩手148名。(これは論評しにくいですね。)④神奈川148名。⑥沖縄105名。(浦添の石嶺さん一人の送付分。他の碁会所にも声をかけていると。)
⑦埼玉68名。(人口は、大分、沖縄より稠密と思うが)。⑧長崎49名。(野田さん。サラリーマンOBの個人。旧職場一か所で。人気があったのでしようね)。⑨長野37名。前報変わらず。⑩宮城20名。
あとひとケタ県が16県。空白県13県。共になくしたいところですね。
空白県の一つ。石川県より、松崎弘一郎さんの活動現況報告。過日の日本棋院の支部連合会理事会(神野理事長)で積極推進を決定。それを受けて石崎事務局長は5月初旬召集の総会に返信用封筒を同封発信する念の入れよう。またご自身はN高校同窓会(6月6日)で活動実施予定と。満を持してる様子。組織を上手く捉えてるようだ。

トリプル碁の面白さ!

2015年04月23日 21:19

前回、このコーナーでトリプル碁大会を紹介したところ、さっそく、私(大会実行委員会 及川 尚)の知り合いの外国人から連絡がありました。

この外国人は、象やライオン等が棲息する国から日本に来て4年の大使館勤務の方です。彼は母国で囲碁を知り、日本に赴任した時、あるきっかけから家族で私と囲碁を楽しむようになりました。その彼がトリプル碁をやってみたいと言ってきたのです。

彼と彼の奥さんと娘さんの3人を私の家に招きました。私の方は、囲碁友達の婦人とその娘さんとでトリプル碁のチームを作りました。いざ対局、こちらは6段の私、初段の婦人に、10級の娘さん。相手は2段の大使館勤務、15級位の婦人に、5級位の娘さん。

まず最初にルール説明(ルール確認)、「主将は娘さん、副将は婦人にしたら」の相手側の提案に同意。ここで、相手側からまたもや面白い提案が! 「主将の級位が低い方が先番にしたら?」 にこれも同意しました。

ゲーム開始。我が方の主将の第1手は天元、相手側の主将は3ー3と珍しいスタートとなりました。
このように、双方の合意があり囲碁本来のルールから外れなければ、如何様にも囲碁を楽しめるのが”トリプル碁の魅力”と思っています。そして、このように囲碁を楽しんでいる外国人はかなりいます。
皆さんにもぜひお勧めしたいところです。

国、人種、老若男女にこだわりを持たずに楽しめる囲碁を、もっともっと日本から地球上に広めて行きましょう!
全碁協の使命、目的である普及活動に皆様のご協力をお願いする次第です。

ここで前回「集客に良い」と思わず碁会所を運営する者の切なる気持ちを吐露してしまいましたが、どうぞ苦笑して聞き流して頂ければ幸いです。

大会実行委員会 委員長

重要告知再掲{FAXはだめですよ」

2015年04月20日 22:13

一度や二度の告知ではどうも徹底しないようようなので、同じことを言わねばならない。
過日浦添囲碁会館に用事がありTEL.ついでに署名状況について聞く。その時の回答は模範的なものだった。「今、ほかの碁会所にも呼び掛けて、みんなで署名を進めていると。さすが、沖縄第一号の正会員らしい行動だ。まあ石垣島まで泊まり込みで指導に行くなんて言うのは、面倒見のよい親分肌でないとできないでしょう
「ありがとうございます。よろしく。ところで、浦添はどうなっていますか。沖縄は現在報告ゼロ。あなたのように一生懸命やっておられる方がいるのに、ゼロ、空白地と思われるのは残念。とりあえず、現時点でのもの郵送してくださいよ。」
「わかりました。すぐFAXします」
「ちょっと待ってください。FAXはダメ。無効になりますよ。現物、現物」
これから、郵送が各地で始まるでしょう。それが皆FAXだったら大変だ。再送依頼なんて無用の手間と82円のロス。ただでさえ皆さんの善意に頼っているのに、それ以上の迷惑はかけられない。「駄目よダメダメFAXは」

囲碁を国技にした人

2015年04月17日 23:18

歴史上、最初に囲碁を国技にした人がいる。
今日はその方、徳川家康公が亡くなられて丁度400年のようだ。
(1615年4月17日没)

普通の人は一生に一度、100年に一度しか来ない15の年。
何かの縁にも思う。

歴史上、二度目に囲碁を国技にしようとしている人達が
今ここに集まっている。

最初の人から勇気をもらっている気がする。

企画委員 根本 明

署名日誌4月16日。新会員松田さん

2015年04月16日 03:31

数日前静岡県の藤枝から「松田浩和」さんという方がメールで正会員入会を希望されて来ました。私は早速歓迎のお礼メールを。序に強欲ながら「署名運動にご協力を。静岡県はただいまゼロ。空白地域です」と。
氏から即返事。署名運動については既に、IGO(アイジーオー)の新城さんから聞いていて、活動をはじめています。ただいま70名ですと。
「すみません。そのことは露知らず静岡はゼロ地帯なんて失礼なことを申し上げすみませんでした。ところで、藤枝なら静岡に出られることがあるでしょう。そこに「メンテック管財」と言う会社があります。そこで署名活動をしてみてくれませんんか。」
なんという鉄面皮な男かと思わるでしょうね。

署名日誌4月14日。FAXは駄目ですよ

2015年04月15日 06:26

①長崎県長与の野田さんという方から60名の署名簿が送られてきました。喜んだのもつかの間。FAXで来たのです。これは無効です。申し訳ないが「現物」を再送していただくようお願いしました。これから、地方からの送付が本格化すると思われます。是非ご注意ねがいます。
❷開始後早くも半月が経過しました。やってみて、いろいろな問題点、傾向等がはっきりしてきました。未だ
全体の集計が出ませんが一例として「いずみ」の例を出してみます。
都道府県別順位。①東京279、②神奈川140、③千葉101、④埼玉、62.⑤長野37、⑥大分13、⑦栃木、9⑧群馬8⑨愛知6。以下一桁11県。空白道府県25.これを今後は一表にして常時報告をしていきたいと思っています。
現時点では当然かもしれませんが首都圏集中です。地方からは纏まったら送ると考えてる方が多いのでしょう。これからですね。長崎県のFAX問題がなければ、長崎県はベスト5に入っていました。
空白県には声掛けを積極的にしたい。協力を買って出てくれてる方もいます。
「送る」。「鉄は熱いうちに打て」で極力早めに。
このような状況が日々どう変化していくか楽しみです。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。