平成29年7月1日 全日本囲碁協会のHP、リニューアル&移転いたしました。
新しい全日本囲碁協会HPはこちらです。
https://zengokyo.jp





チラシとポスター

2015年01月31日 21:30

正会員あて、チラシ、一日遅れでポスターをお送りしました。チラシはカウンターに、ポスターは店内の目立つところに掲示してください。この顔見たいなのはなんや?「聞かないでください」
実は私も困りました。会合で聞かれ、立ち往生でした。手っ取り早く、石井デザイナーの作成時のイメージをそのまま伝えます。
顔は秀策をイメージし、(本当に秀策はこんなにイケメンだったのかは分かりませんが。)「禅の姿」で瞑想しているところだと。
なるほど。歴史的に重みのある「日本の碁」(ロゴ)を探求しているにふさわしい姿と言えますかね。
注。人手不足で一部発送が遅れたところがあります。ここでお詫びします。(内久根)

囲碁を知らない人から見ると、碁盤はだだっ広い

2015年01月30日 11:44

囲碁を知らない大人は、私たち碁打ちが感じているよりはるかに囲碁が複雑で
難しいゲームのように感じているように思います。

その一つの要因が碁盤の(将棋盤やオセロ盤とくらべての)あのだだっ広さ
にあるのは間違いありません。

「こんなの、子供のときからやってなきゃ無理だよ」
と思われても仕方ないでしょう。

もちろん入門ツールとして6路盤、7路盤、9路盤(あるいは4路盤!)などは
存在するのですが、大人の入門者にとっては、しょせん「子供だまし」のものに
思えてしまうでしょうし、到達すべきゴールが遥か彼方の19路盤であるという事情が
依然として立ちふさがっています。

このことが、「ちょっと囲碁をやってみようかな」と、そもそも思ってももらえない、
大きな心理障壁になっているというのが私の考えです。

(子供はそんなこと気にしないので、子供への入門指導ではあまり関係なかった
だろうと思います。あくまで【大人】に囲碁を始める意欲をもってもらえるかどうかに論点があります)

19路盤はすごく深い楽しみがあるのだけれども、
9路盤や13路盤が【大人にとって十分なゴール】なんだよ、

そんなことを囲碁を知らない人たちに示せる囲碁界。
それを作っていくことが囲碁の普及にとって大きな大きな力になるのだと信じています。

昨年、プロの13路のトーナメントの企画・実現に奔走したいちばんの理由が
そこにありました。全碁協の中でもそのような活動をしていければと思っています。

企画委員  政光順二

発足記念大会速報!第2弾!!!

2015年01月27日 07:46

発足記念大会速報!第2弾!!!
参加者数(1月26日時点)181人です。
この181人の内、こちらで把握している限りでは、高校生以下が41人います。
年長(4~5歳)2人、小学生、中学生、高校生39人。大学生も2人が参加します。
そして、なんと愉しいことに小学生・年長の有段者もいます。
愉しいから高校生以下全員の紹介をしましょう。

この中から、井山裕太君、梅沢由香里さんのような棋士が誕生するかも知れませんね。
そうなれば、全碁協の本懐というところです。
参加する棋士の紳士、淑女の皆様も小学生に油断は禁物ですよ。

なお、まだ参加者が確定してない正会員からも参加表明しているところがありますので、更に人数が増えることと嬉しい期待をしています。
また、大会準備委員が皆様のところにお伺いすることもあるかと思いますので、その時にはよろしくお願いいたします。
全碁協主催の大会成功は正会員協力の賜物に寄ります。
正会員の皆様、ご協力ご支援を今後ともよろしくお願い申し上げます。

大会準備委員会

〈高校生以下41名〉
中島 駿     七段
齋木 果穂   六段
野中 遥真   六段
大須賀 聖良 六段・小学5
中村 文萌   六段・小学5
大内 理那   五段
吉田 久哉   五段
原岡 紗良   五段
草深 希     五段
伊澤 勇人   五段・小学5
小野 温子   四段・小学4
大須賀 梨香 四段・小学6
多宝 史弥   四段・小学3
中村 脩介   四段・小学1
吹上 杏     四段・中学2
荒井 幹太   三段・年長
大内 基     二段
伊藤 楓     二段
吉田 大知   二段
澤畑 秀真   初段・小学4
田坂 心音   初段・小学2
布田 寛     初段・小学5
小林 真綾   初段・小学6
澤畑 寿真   1級・小学2
高尾 健太   2級
高尾 将太   3級
内原 仁     2級・中学1
徐 東星     3級・小学3
大須賀 璃空 3級・小学2
西尾 千智   4級
高尾 春香   5級
小宮 雪鹿   5級
嶋 成海     5級
伊藤 澪     5級
木下 智陽   4級・小学3
小林 楽夏   4級・小学5
牛山 拓海   5級・小学1
渡辺 彩登   5級・年長
大森 健輔   7級・小学5
田村 龍一   8級・小学5
橋口 侑奈  15級・小学2

広報よりNO 3 普及への情熱

2015年01月26日 16:09

 1月25日夜、ランキング委員・企画委員・大会準備委員・広報委員の初めての意見交換会
が開かれました。
委員の一人々々から普及への熱い思いとアクティブな行動力を感じ、全碁協の発展に確か
な手応えを覚え嬉しく思いました。

 先ずは25日迄に180名の参加申し込みを頂いている、2月11日の「発足記念大会」を如何
に盛り上げるか、様々な意見が熱く交わされました。
その鍵は、導入された画期的な試みの「統一ランキング制」を如何に意味あるものにして
行くかです。
周知のように、棋力は碁会所や教室によって大きく異なっている現実があります。
大会対局の回を重ね、その結果を厳しく正確にコンピューターで管理して行く事が今後必要
不可欠です。

 更に、EGC(ヨーロッバ碁コングレス)に過去20回参加し身をもって知った世界レベルの問題
があります。20年前は3目下げた日本人の棋力は、ここ数年は5目下げるのが常識。
更に昨年は、日本人全員一目下げさせられたという事です。
ヨーロッパ囲碁連盟は、各国共通の厳しいランキングで統一されています。

 「日本の碁」のためにも「統一ランキング」は必要です。
時間はかかると思いますが、みんなで努力していきたいと思っております。

 広報・川村 麻紗子


暫定ランキング(所属 碁会所の訂正)

2015年01月26日 08:21

ランキング委員会から、暫定ランキング(所属 碁会所の訂正)のお知らせ。

32位の河合盛彦様の所属する碁会所に訂正がございます。
河合盛彦様の所属 碁会所は、南戸塚囲碁クラブになります。
ご迷惑をおかけ致しました。

ランキング委員会では、大会実行委員会を通して、出場予定者の最終確認を行いたいと思っております。
その際、訂正箇所がございましたら、お手数ですがお知らせ下さい。

〈暫定ランキング〉 (上位32位まで 1/25時点 訂正)
順位   氏 名   ランク   碁会所・教室   
1    鮫島 一郎   5    鮫島
2    坂田 茂樹   6    絆
3    田熊 秀行   6    平田
4    堤田 紘真   6    平田
5    小川 賢    6    平田
6    遠藤 雅行   7    新宿囲碁センター
7    白光 弘昌    7    秀策
8    上田 大介   7    秀策
9    湯浅 英之   7    秀策
10    桑原 青人   7    秀策
11    根本 明     7    石音
12    笹子 理紗   7    石音
13    政光 順二   7    石音
14    崔 潔成     7    IGO
15    中田 淳     7    鮫島
16    大倉 健二   7    平田
17    吉松 滋     7    平田
18    高橋 治    7    平田
19    樋口 純一郎  7    南越谷
20    水本 修    7    南越谷
21    広瀬 保博   8    GO-NET
22    半田 康    8    いずみ
23    永島 七男   8    南越谷
24    戸塚 靖雄   8    IGO
25    中島 駿     8    IGO
26    荻野 順一   8    ねこのかお
27    仲山 泰裕   8    荻窪駅前
28    吹上 博之   8    GO-NET
29    江本 洋     9    GO-NET
30    小野 博     9    日本橋本町
31    室 孝      10    絆
32    河合 盛彦   10    南戸塚

ランク制の採用

2015年01月25日 23:25

はじめまして、ランキング委員会の吹上博之(フキアゲ ヒロユキ)と申します。よろしくお願い致します。

ランキング委員会からお知らせがございます。
2/11に開催される全日本囲碁協会(全碁協)の発足記念囲碁大会において、ランキングを付けることになっております。このランキングは、各々の碁会所で付けているランキングを統一して表そうというものです。

従来の段級位制では、棋力の水準をはかるのには適当でない場合が多く見られるため、全碁協においては、より合理的な『ランク制』を採用したいと考えております。
各人のランク決めに当たっては、その碁会所の申告する段級位を参考とします。
今後発表される全碁協の統一ランキングは、各人のランクを基準として設定されます。

正会員の皆様から、1/25(日)時点で、合計179人の参加申込みがございました。
ランキング委員会ではその申込み書を参考に暫定でランキングを付けましたので、参考までにご報告致します。

〈暫定ランキング〉 (上位32位まで 1/25時点)
順位   氏 名   ランク   碁会所・教室   
1    鮫島 一郎   5    鮫島
2    坂田 茂樹   6    絆
3    田熊 秀行   6    平田
4    堤田 紘真   6    平田
5    小川 賢     6    平田
6    遠藤 雅行   7    新宿囲碁センター
7    白光 弘昌    7    秀策
8    上田 大介   7    秀策
9    湯浅 英之   7    秀策
10    桑原 青人   7    秀策
11    根本 明     7    石音
12    笹子 理紗   7    石音
13    政光 順二   7    石音
14    崔 潔成     7    IGO
15    中田 淳     7    鮫島
16    大倉 健二   7    平田
17    吉松 滋     7    平田
18    高橋 治     7    平田
19    樋口 純一郎  7    南越谷
20    水本 修     7    南越谷
21    広瀬 保博   8    GO-NET
22    半田 康     8    いずみ
23    永島 七男   8    南越谷
24    戸塚 靖雄   8    IGO
25    中島 駿     8    IGO
26    荻野 順一   8    ねこのかお
27    仲山 泰裕   8    荻窪駅前
28    吹上 博之   8    GO-NET
29    江本 洋     9    GO-NET
30    小野 博     9    日本橋本町
31    室 孝      10    絆
32    河合 盛彦   10    いずみ

面白い1手

2015年01月23日 10:52

盤上で面白い1手に出会った時、私達は無上の喜びを感じます。

その人と打ちたくなります。
その人の棋譜が見たくなります。
その人のファンになります。

全碁協が発展していくには、「面白い1手」を打ち続けられるかどうか
にかかっています。企画委員会ではその中核を担うのが「情報」と
考えています。

囲碁ファンが「面白い1手」と感じる情報を、碁界から1つ1つ拾い上げて
発信していく、それを貯める場を創っていくのが当面の目標です。

*このページが全囲碁ファンにとって価値のあるものに成長していくことが
 全ての好循環の起点となると考えています。

先日知り合いのインストラクターからこんな話を聞きました。

******
最近急に強くなった年配の生徒さんがいました。それはなぜか。

「悪い手をたくさん打ったから」

いい手を教えると生徒はそれを覚えて真似しようとしてしまいます。
真似に走ると上達がかえって遅れてしまうのです。

では悪い手をどんどん打たせると (それが悪い手とだけ知らせて放置すると)
なぜ強くなるのでしょう。

それは「体験」として悪い手の結果が身についていき
その反対のいい手を、暗記ではなく自分で導けるようになっていくから。

子供がなぜ上達が早いかこれで分かります。
悪い手ひどい手躊躇なくたくさん打って体験するからなのです。

大人は「結果」を早く欲しがります。
だから悪い手をなるべく打たないで「いい手」を覚えようとします。
指導者も期待に応えようと「いい手」を教えようとします。

これが陥りやすいワナなんです。

******

「悪い手を打って強くなろう!」

こうしたちょっと面白い1手、
全国にたくさん埋もれていると思います。

それを掘り出して囲碁界全体の知としていきましょう。

企画委員会  根本明




今日の入会者

2015年01月22日 20:41

永代和盛氏。「囲碁への想い」きちんと書いてありました。
「囲碁普及に人生を懸けています」と。凄い!!(内久根)

HP上への広告

2015年01月21日 22:31

全碁協の財政健全化対策の一助として、広告募集は必須です。。掲載希望者がおられたら、事務局の方へご連絡いただけたら有難いです。
今般、「東京ビジネスサービス」さんが、掲載希望されました。第2号です(内久根)

発足記念大会速報!!

2015年01月20日 20:30

発足記念大会速報!!
参加者数(1月19日時点)
いずみ囲碁ジャパン30人、Go - Net 23人、さいたま新都心10人、ねこの顔4人、囲碁サロン市川天元3人、囲碁クラブ南越ヶ谷7人、ネット碁会所石音9人、新宿囲碁センター3人、絆5人、碁席秀策7人、囲碁サロン道玄坂8人、鮫島一郎囲碁教室3人、荻窪駅前囲碁クラブ5人、I GO研究所20人、津田沼囲碁クラブ4人、平田碁会所6人、谷中こども囲碁教室1人,、計148人。
なお、まだ参加者が確定してない正会員からも参加表明しているところがありますので、更に人数が増えることと嬉しい期待をしています。
また、大会準備委員が皆様のところにお伺いすることもあるかと思いますので、その時にはよろしくお願いいたします。
全碁協主催の大会成功は正会員協力の賜物に寄ります。
正会員の皆様、ご協力ご支援を今後ともよろしくお願い申し上げます。
大会準備委員会




最新記事